新型コロナウイルス感染対策ガイドライン

新型コロナウイルスの感染を最大限に防止しながら水泳の各種事業を運営するためには、受講者、指導者、保護者、選手、チームスタッフ、競技役員全ての方の理解と協力が必要です。
残念ながら感染のリスクは0(ゼロ)ではありません。ひとり一人が自覚と責任をもって自己防衛することが重要です。自己防衛は、家族や仲間を守ることにもつながります。
「自分は大丈夫」の考えは捨て、すべての人が新型コロナウイルスの特性を正しく理解し、感染防止に努めてください。

➡東京都水泳協会事業実施基準(準備中)
水泳講習・水泳競技会ガイドライン(初版2020/8/3)
➡水泳合宿・練習会ガイドライン(暫定版)