役員の改選について

トピックス  2018年6月22日

本協会役員の任期満了による改選は、本日(6月22日)開催の評議員会にて上野広治会長(再任)以下、27名の理事が選任されました。
副会長には「KOSUKE KITAJIMA CUP」や「水泳の日」の企画・運営に貢献した北島康介理事が就任、また、ソウル五輪銅メダリストの小谷実可子氏が新たに理事として選任されました。
本協会は新体制のもと、更なる水泳の普及・発展を目指し邁進してまいります。

会 長  上野 広治
副会長  都筑  実
副会長  上野 庄次
副会長  北島 康介
専務理事 内田孝太郎
常務理事 平井 伯昌(強化担当)
常務理事 赤堀  実(普及担当)
常務理事 田子 周一(総務担当)
常務理事 立川 道宣(強化担当)
常務理事 佐藤 和人(競技担当)
常務理事 小野 潤一(ジュニア担当)
理 事  粟井 崇紀
理 事  糸井 昌弘
理 事  伊藤 正明
理 事  小川みゆき
理 事  奥秋 将史
理 事  工藤  亙
理 事  小谷実可子
理 事  中村 考一
理 事  中村美奈子
理 事  早崎 道晴
理 事  原  怜来
理 事  堀井 孝彦
理 事  水野 雅博
理 事  元島 清香
理 事  余川  巧
理 事  吉井 智久

【北島康介 東京都水泳協会副会長コメント】
 この度、東京都水泳協会の副会長に就任いたしました。2014年に理事として着任してから協会のロゴ・キャラクター制作をはじめ、「KOSUKE KITAJIMA CUP」や「水泳の日」の企画運営に携わってきました。現役時代とは違う水泳とのかかわりの中で、改めて水泳の楽しさを実感することができ、もっと多くの皆さんに水泳の楽しさを伝え、一緒に水泳を楽しみたいという想いが膨らみました。これまでの私の経験が水泳の普及・発展に役立つならば、これほど嬉しいことはありません。
 東京都水泳協会は競技者、指導員、審判員の登録数がいずれも全国一を誇る協会です。協会に寄せられる期待も大きく、身の引き締まる思いです。東京都の皆さんにスポーツの楽しさを伝え、競技としての発展はもちろん、生涯スポーツである水泳が健康づくりにも役立つことを伝えていく活動をしていきたいと思います。

トピックス一覧へ